肌つや習慣の使い方はとても簡単、顔やザラツキが気になる部分に塗るだけというシンプルな使い方でOKです。

でも肌つや習慣の効果を短期間で実感するためには、使い方にチョットしたコツがあります。

艶つや習慣の効果的な使い方 2つのポイント

【1】たっぷりの量を使う

艶つや習慣の効果を最大限に引き出す使い方は、ずばり「たっぷり使うこと」です。

艶つや習慣は大容量の120gですが、これを1ヶ月で1個使い切るくらいのイメージで贅沢に使った方が効果を実感しやすいそうです。

天然の美容成分なので、たっぷり使った方が美肌効果を引き出してくれるということなんですね。

【2】最低3ヵ月、毎日継続する

人によって効果を実感する期間は違いますが、「3ヶ月」がひとつの目安になります。

肌が生まれ変わるためには、ターンオーバーによって古い細胞を体外に排出しなければなりません。ターンオーバー周期を考えると3ヵ月程度は必要ということですね。

艶つや習慣の効果を実感している人は、例外なく一定期間は継続して使用しています。すぐに効果を感じなくても毎日コツコツと継続することが大切です。

まとめ

艶つや習慣は、毎日たっぷり使い、3ヵ月を目安に継続することが最も効果的な使い方といえます。

もったいないからといって、ケチケチ使ってもなかなか効果を実感できない場合もあります。特に使い始めは、たっぷり使用するように意識した方がいいですね。

オールインワンジェルなので、毎日のスキンケアとして取り入れると無理なく継続することができるのではないでしょうか。

艶つや習慣の基本的な使い方

艶つや習慣 使い方

【1】きれいに洗顔をする

メイクや皮脂汚れを洗顔できれいに落としてから使用します。お風呂上りや朝の洗顔後に使用しましょう。

【2】適量を手に取る

適量は「さくらんぼ大」となっていますが、これは目安です。「たっぷり」の量を意識して、自分の使いやすい量に調整して手に取りましょう。

【3】指の腹でやさしくマッサージ

指の肌を使ってやさしくマッサージするように顔全体に伸ばしていきます。強くこすると摩擦で肌を傷めてしまうので、あくまでもやさしく伸ばしていきましょう。

【4】顔やデコルテ以外のところにも

顔やデコルテはもちろんですが、膝やかかとなどカサカサが気になる部分にもたっぷり使いましょう。

 

艶つや習慣は、気になるポツポツやザラツキを落とすための商品ですが、保湿が高いところも特徴のひとつ。

お子さんのお風呂上りや男性の髭剃り後のケアなど、家族全員で使えますね。

艶つや習慣の詳細はこちら